レポート:フィールドモニター 岡崎 敬久

今年も日立沖にタチウオが来たとのことで、日立久慈港の大貫丸さんに行ってきました。実は今回の釣行は3度目で、1度目は定休日明け、2度目は定休日+時化あとだった事もありタチウオの群れが行方不明でした。原因は色々あると思いますが、タチウオ釣りはタチウオの反応が無いと何も始まりません。結局1度目と2度目は群れを探すだけのクルージングとなってしまい、まともに釣りはできませんでした。ここ数年の間、冬の日立沖のタチウオはかなり安定して釣れていたのですが、今年は状況が少し違うようです。

3度目の正直となるか、はたまた2度あることは3度あるか…期待して出船します。
狙うは勿論120㎝超のドラゴンタチウオのみ!冬の日立沖に集まるタチウオは比較的サイズが良く、ジグを使えば数狙いで100本も釣れる日もありますが、ドラゴン狙いで掛ける釣りを楽しみたいので、圧倒的にドラゴン確率の高いテンヤで狙います。

出港後、暫くタチウオ反応を探します。すると1時間半で船速が緩みました。どうやら今日は早めに見つかったようです。ポイントは浅場30mですが、どうやら反応は小さく薄めで魚の移動が早く、反応に乗せて釣るのが難しい状況です。着底させ反応のある底から5m前後までをテンヤをシェイク&ステイさせながらタチウオを誘います。2mくらいまで10㎝単位でシェイクしながら上げてくると突然ロッドに重みが乗りました。即合わせするとロッドが大きくしなります。まるで一瞬根掛かりした感じです。久々の手応えですwタチウオの動きに合わせて巻き上げてくると指4.5本の良型でした。幸先良い感じです。

使用ロッドはアルファソニック タチウオテンヤ190M

しかしその後、反応が薄く直ぐに散ってしまいポイントが絞り切れず、また探索の旅に…それから約2時間が過ぎた頃、釣友に起こされました。完全にクルージングモードで爆睡していましたが、気付くと船が集まっており良い反応があるようです。しかし既に沖上がりまで残り30分しかありません。

船長の合図で即テンヤを投入し、底から潮の軽くなる棚を見つけて集中的にシェイク&ステイを繰り返すとチタントップのCTSに様々なアタリが出ます。テンヤを小突く、抑え込む、食い上げ(トップがまっすぐに戻る)と間違いなくタチウオのアタリですが、どうも上手く針掛かりしません。どうやらタチウオのサイズが小さめなのと食いが浅いようです。ジグの人を見ると落としている最中に掛かっているようですが、上がってくるサイズは殆どが指3本前後とかわいいサイズばかり…ボロボロにされたイワシを交換して誘い続けていると違和感を感じて即合わせ!掛かりました!

狙い通りドラゴンをキャッチしました

上がってきたのは見事120㎝指5本のドラゴン級。その後は食いも良くなり、掛かれば殆どがドラゴン級で短時間でしたが、十分手応えのある釣りを楽しむことができました。

しかし群れの移動が早く、また反応が散り気味になり、すでに時刻は沖上がりの時刻を過ぎていて、船長が延長して頑張って探してくれますが厳しい感じになってきました。それでもまた反応を見つけトライします。するとCTSを大きく跳ね上げる今日一の食い上げのアタリが出ました!ロッドを限界まで上にあげてリールを高速巻きして重みが乗ってから2度合わせすると、その直後に今度は下方向にかなりの重みがかかりました。ロッドがのされて立てられません。フルドラグだったのでロッドだけで突っ込みを凌ぎながら慎重に水面まで上げてくると見事な今日イチの良型タチウオです!とても太っていて厚みがあって、1回目は船に上げるのを失敗し、再度ラインを持って何とか船に引きこみました。指6本130㎝超、2㎏越えの正真正銘ドラゴンですw最後の最後に一番良いサイズが来てくれました。そしてそのまま反応が消失し、12時近くになり沖上がりとなりました。

良型が揃う日立沖

昨年までのように安定してタチウオの濃い反応が広範囲にあれば、誰でもどんな釣法でも釣れるのですが、今年は少し違うようです。ただこの時期は脂ものって極厚のタチウオですので釣れれば最高のお土産になります。多少リスクもありますが、是非機会がありましたら日立沖のタチウオに挑戦してみてください。初めての方や確実に釣りたい人はタチウオ用のジグがおすすめです。手返し良く数を狙って簡単に釣れます。良型を主体にドラゴンを狙う方はテクニカルで難易度は上がりますが、是非テンヤで挑戦してみてください。アタリを積極的に掛けて行く釣りは病みつきになりますし、大型タチウオは最高に美味ですw

【タックルデーター】

ロッド:【ALFASONIC TACHIUO TENYA(アルファソニック タチウオテンヤ190M】 
リール:両軸200番
ライン:PE 1号+ナイロン10号
テンヤ:夜行、パープルゼブラ等 40号

レポート:フィールドモニター 二上あや

千葉県・勝山からヤリイカ・スルメイカへ行ってきました。

前日の予報では、釣行当日の朝から爆風14メートル。波高もあり、中止が危ぶまれた状況でした。朝、漁港に着くと、陸上でも強風で低温。寒さに震えながら、準備をし、船に向かいます。
出船してから45分。北寄りの暴風を避けられる平砂浦沖に到着。とは言え、予報通り、波・うねり・暴風と三拍子揃った釣り辛さです。

ここのところ、ヤリイカは混ざる程度との事ですので、スルメイカがメインということでプラヅノは18センチを用意。

朝イチのサバは美味しそうなマサバ

こんな状況の中でもミヨシ側の人は、スルメを釣り上げていました。後に続きたいところです。

当日使用したのは海人スルメイカ


海人スルメイカは、スルメの多点掛けでも頼り甲斐のあるバットパワーがある竿。最初のアタリが出た後に追い乗りをさせたいのですが、一杯掛かるのがやっと… 今日はそうもいかないようです。

同行の松本さんも直結仕掛けで釣れました

それでも誘い上げてからイカの乗りを感じるのは楽しく、水深200メートルから大事に巻き上げスルメが上がりました。

お友達もスルメ釣れた

私もなんとか釣れました

天候の悪さに加えて、イカのやる気も今一つでしたが、船長によれば、これから2月~3月はスルメに変わりヤリイカが良くなるとのこと。例年釣れる時期に差しかかってくるので、今後に注目したいと思います。

沖干しを頂きました

【釣行データー】
釣行日:2023年1月28日
釣り船:千葉県勝山港 萬栄丸
ロッド:海人スルメイカ180-150


モニターの川野さんから、東京湾カワハギのレポートをいただきました。
色々な釣りをする川野さんですが、やはりカワハギやマルイカのようなテクニカルな釣りが好きな川野さん。さて、今年の東京湾はいかに?

(以下、川野さんレポートです)

今年は何年ぶりかに様々なカワハギ大会が開催されることもあって、週末どころか平日でもカワハギフリークさんで人気の船宿は大賑わいのようで天気のイイ週末は早々に満船!

この日はそんな賑わいから離れた、春はカサゴ・夏はシロギスでお世話になってるアットホームな金沢八景『新健丸』さんにお邪魔してきました。こちらでは、秋冬はカワハギに出船しているのです。

親方船のイシモチは大人気ですが若船長のカワハギは余裕たっぷりw

アサリを剝いていけなかったので、船宿さん支給の冷凍加工品で良しとしました。竹岡沖に向けて、笑顔の女将さんに見送られ定刻に出船。

この日は北東の風が強め、曇り空で波しぶきがヒンヤリ感じる陽気、潮色も暗めで厳しい展開が予想されそうな気配の中、約40分でポイントに到着。

丁寧なマイクアナウンスの若船長から直近の傾向を教えてもらい、サバフグの猛攻が多いのと、まだ水温高めで群れが固まってないのでマメにポイント移動しますから〜とでスタート。

案の定、おやっと思うサワリはサバフグらしく、掛けたらドルドル的な引きで〜軽くなった仕掛けを回収すると針が3本とも無くなってるのルーティン…

なかなか本命らしいアタリがない中でチョイとキャストして底の雰囲気を感じながら手前まで寄せて、チョイと宙でユラユラした時に『カチっ』っと金属的な食みにアルファソニック・カワハギ168Mの穂先が入りまして!!

これを逃さずフッキングすることが出来て、なかなかのツッコミをいなしながら上がってきたのは真っ白に興奮したオスの尺!!

むっちりなお腹でキモもかなり期待できそうで美味しそう〜(笑)

このあとも若船長のマメなポイント移動でポツポツとこの誘いで拾うことができて潮下だったけど20cm後半の良型を含む13枚で終了。

まだまだコッパサイズでツルテンまではなかったこの日、今後の群れの固まりに期待しながら贅沢な肝和えで晩酌を楽しみました。

日に日に寒さがましてきましたから、いよいよ本格的なキモパンのシーズン到来が待ち遠しいですね。

先日掲載した、つり情報記事レポートに続いてフィールドスタッフ・椎名さんから再び相模湾キハダのレポートをいただきました。

以前と比べると釣行回数が減ってしまったという椎名さんですが、シーズン終盤戦でのキハダキャッチはさすがです!

ロッドはもちろんMPG ヘッドクォーター・スタンディングバウト183S

(以下、椎名さんレポートです)

10月15日発売の隔週刊つり情報(11/1号)で掲載されました通り、9月27日の釣行では念願の50キロオーバーをキャッチすることができました。

しかし、その後の10月10日の釣行ではアタリも出せず…ホント、今シーズンのキハダは難しいです。

さて今シーズン8戦目となるキハダ釣行は10月12日。

釣り場は瀬の海。タナ50メートルでスタート。
潮は右舷から左舷に向かって流れており『この潮だと右舷は厳しいかもね』と中乗りさん。

その言葉通りアタリは左舷ミヨシにアタリが集中。前半のうちに3回ヒットがあり、26キロサイズが1本取り込まれました、

当日の私の釣り座は右舷胴の間ど真ん中。道糸も船下に入り込み、左舷の方と度々オマツリする完全に分が悪いポジション。だからといって手を止めてしまってはヒットの確率はさらに下がってしまいます。

中盤以降は船中沈黙の時間だけが刻々と過ぎていきますが、めげずに5分インターバルでコマセを打ち替え続けます。

そして残り時間も1時間を切ろうした12時20分、船中久々のヒットはなんと私のバウトに!

MPGパワーで浮かすことも簡単ですが、魚探にはサメの反応が複数出ている状況。

ここは急がず、時間をかけてキハダを十分弱らせてから一気に巻き上げる戦法で。

最後は中乗りさんがハリスをだぐり、1本目のギャフを船長が打ち、2本目のギャフを私が打ち込み、船内へ。

無事取り込んだのはキハダはジャスト30キロ。無傷の完全体でキャッチできました。

絶対不利な条件下で食わせただけに、正直まさか!?といった感じで、前回の50キロサイズを釣り上げた時より嬉しい1本です。

これで今シーズンのキハダは8戦で4本の釣果。
勝率5割。これもスタンディングバウト183Sのご加護です(笑)