フィールドスタッフ / FIELD STAFF


岡本 光央 TERU OKAMOTO
フィッシングライターとして「つり丸」「釣り東北」「釣りビジョンモバイルサイト」等に執筆。著書に「テル岡本・実戦!深海釣り」「テル岡本・深海マニュアル」「テル岡本のボトムフィッシング」(週刊テレビ)「楽しい根魚釣り入門」(廣済堂出版)など。浅場から1,000mの超深海まであらゆる釣りをこなす。アルファタックルフィールドスタッフ、各社テスター・アドバイザーも兼任。
井上 直美 NAOCHIN
夜討ち朝駆けも苦にしない大の釣り好き。男性顔負けのスタミナと明るい性格でどんなジャンルの釣りでも果敢にチャレンジ。船釣りはヒラメ・マルイカ・ライトアジ・カワハギ・ひとつテンヤ・湾フグなどなど、多彩な経験を持つ。つり丸の連載「トレインアングラー」、つり情報「なおちゃんねる」、つりビジョン「スプラッシュ・アラソルト」など多くのメディアで活躍中。本業はタレント・声優・歌手。愛称:なおちん。
和田 勝也 KATSUYA WADA
ソルトウォータールアーだけではなく、真鯛・アオリイカ・カワハギ・タコ・ヒラメなどあらゆる船釣りをマニアックに追求する「アシスト工房」代表。兵庫県明石市で生まれ育ち、現在も明石在住という地の利を活かし、常に現場に出て釣りを追求する。通称「ワダゲルゲ」。
白畑 義基 YOSHIKI SHIRAHATA
相模湾&伊豆半島を中心に釣行し、初夏~晩秋までカツオ・マグロ類を餌(イワシのフカセ釣り中心)やルアーで追い、それ以外の時期は取材&プライベートで季節の美味な魚を狙う。「つり丸」のライターとして活動中。日本さかな検定1級の持ち主。2006年「TVチャンピオン」 新サカナ通選手権」に優勝し、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」「天才キッズ全員集合!君ならデキる!」などに出演。
山崎 裕 YUTAKA YAMAZAKI
神奈川県湘南地区をホームグラウンドに、幅広い船釣りに精通するだけでなく、船宿に勤務し毎日を海のそばで暮す。カワハギ・マルイカなどテクニカルなゲームは大の得意ジャンル。エリアトラウトをはじめ、ルアーフィッシングも大好きで、最近はタイラバにもハマっている。通称「山崎アニキ」。
椎名 義徳 YOSHINORI SHIINA
「隔週刊つり情報」に90年より執筆を続ける最古参APC。取材記事、巻頭特集を定期的に担当し、15年9月より月一連載ページ「椎名義徳の深場釣り入門」執筆中。深海釣師として著名だが、常磐から南伊豆までを活動範囲に春先はカレイ、夏~秋はキハダやカツオ、イサキ、スルメイカ、冬場はイカブリ、ヤリイカ泳がせまで、様々なターゲットを追い続ける。
互 泰行 YASUYUKI TAGAI
「遠征ジガー」から船釣りに転身。恵まれた体格と鍛え上げたパワーでスタンディング泳がせなどの大物釣りを得意とするアルファタックル大物担当。その一方で、ライトゲーム、ひとつテンヤ、イカメタルなどの浅場テクニカル系から深海までこなすオールラウンダー。太平洋と日本海を股に掛け、あらゆる船釣りに挑戦し続けるタフガイ。
玉川 美紀 MIKI TAMAGAWA
「スポーツ報知東北版」に「みちのく釣り三昧」を執筆。東北の船釣り全般に精通する女流フィッシングライター。「釣り東北&新潟」の不定期連載「ディープマスター釣魚録」企画サポートを手掛け、テル岡本の東北ブレーンとしても活躍。
入稲福 佳寿己 KAZUMI IRI-INAFUKU
外房・東京湾・相模湾など関東のメジャーフィールドに足繁く通ういっぽうで北は青森、南は沖縄への遠征。2019年8月に大原で開催されたひとつテンヤ真鯛大会では5キロオーバーの真鯛を釣り総合優勝するなど、大会や各種イベントでも活躍。テンヤ真鯛・タイラバ・タチウオ・ヒラメ・根魚からマグロと、テクニカル系からパワーゲームまで幅広く釣りをこなす。
柳沢 輝夫 TERU YANAGISAWA
アルファタックルの中小物系船竿の開発担当スタッフ。ワカサギからマグロまで魚の大小を問わない釣りキチだが、船釣りではマルイカ・カワハギ・タチウオ・ひとつテンヤ・ヒラメなどが大好き。手漕ぎボートやSUPフィッシングにも手を出す。元々の本業はブラックバスを中心としたルアー全般。「アングリングバス」「つり丸」などの幅広いジャンルで執筆活動も行う。