フィールドスタッフ / FIELD STAFF


岡本 光央 DEEP MASTER TERU OKAMOTO
フィッシングライターとして「つり丸」「関西のつり」「週刊釣場速報」「釣り東北」「釣りビジョンモバイルサイト」等に執筆。著書に「テル岡本・実戦!深海釣り」「テル岡本・深海マニュアル」「テル岡本のボトムフィッシング」(週刊テレビ)「楽しい根魚釣り入門」(廣済堂出版)など。浅場から1,000mの超深海まであらゆる釣りをこなす。アルファタックル企画開発スタッフ、各社テスター・アドバイザーも兼任。
井上 直美 NAOCHIN
夜討ち朝駆けも苦にしない大の釣り好き。男性顔負けのスタミナと明るい性格でどんなジャンルの釣りでも果敢にチャレンジ。船釣りでもヒラメ・マルイカ・ライトアジ・カワハギ・ひとつテンヤ・湾フグなどなど、多彩な経験を持つ。ルアーシーバスは大の得意。「つり情報」「磯・投げ情報」「シーバスマガジン」など各釣り雑誌でも活躍中。本業はタレント・声優・歌手。愛称:なおちん。
山崎 裕 ZAKIYAMA “ANIKI”
神奈川県湘南地区をホームグラウンドに、幅広い船釣りに精通するだけでなく、船宿に勤務し毎日を海のそばで暮す。カワハギ・マルイカなどテクニカルなゲームは大の得意ジャンル。エリアトラウトをはじめ、ルアーフィッシングも大好きで、最近はタイラバにもハマっている。通称「山崎アニキ」。
和田 勝也 KATSUYA WADA
兵庫県明石市在住の地の利を存分に活かし、瀬戸内地区を中心に、常に現場へ出て釣りを追求する。
船釣りからソルトウォータールアーまで、実に幅広いジャンルに精通する。大人気となった竿による船タコ釣りの火つけ役でもある。ルアーや船釣り用品を扱うアシスト工房代表。通称「ワダゲルゲ」。
互 泰行 YASUYUKI TAGAI
「遠征ジガー」から船釣りに転身。恵まれた体格と鍛え上げたパワーでスタンディング泳がせから深海、LTゲーム、イカメタル…太平洋と日本海を股に掛け、あらゆる船釣りに挑戦し続けるタフガイ。
okumaガール・花音 canon
ヒラメ、ひとつテンヤ、アマダイなどの船釣りを得意とするが、様々な釣り物をこなしてしまう釣りウマガール。
釣った魚を料理するのは得意中の得意で、世界情勢誌「GLOBAL VISON」では料理コラムを執筆。
つり情報Bグル隊隊員。2016年からokumaガールを務める。
椎名 義徳 YOSHINORI SHIINA
「隔週刊つり情報」に90年より執筆を続ける最古参APC。取材記事、巻頭特集を定期的に担当し、15年9月より月一連載ページ「椎名義徳の深場釣り入門」執筆中。深海釣師として著名だが、常磐から南伊豆までを活動範囲に春先はカレイ、夏~秋はキハダやカツオ、イサキ、スルメイカ、冬場はイカブリ、ヤリイカ泳がせまで、様々なターゲットを追い続ける。
近藤 利紀 TOSHINORI KONDO
手軽な堤防釣りからマイボートによるオフショアの釣りまでと守備範囲は広い。ソフトルアー(ワーム)を従来のエサの釣法と組み合わせたハイブリッドフィッシングを得意とする。好きな釣りは、岸からはちょい投げのシロギス、ボートだとタイラバを使った五目釣り。「パックロッドと行く釣り旅」もこよなく愛するフリーライター。
玉川 美紀 MIKITY
「スポーツ報知東北版」に「みちのく釣り三昧」を連載。東北の船釣り全般に精通する女流フィッシングライター。カレイ釣りを最も得意とし、大会入賞も多数。「Mikity」の名で「釣り東北&新潟」の不定期連載「ディープマスター釣魚録」企画サポートを手掛け、テル岡本の東北ブレーンとしても活躍。
柳沢 輝夫 TERU YANAGISAWA
ワカサギからマグロまで、魚の大小を問わない釣りキチ。船釣りも幅広くこなすが、カワハギやマルイカは大好き。手漕ぎボートの釣りも好み、最近ではSUPフィッシングにも手を出すなど、さらに活動の幅を広げている。「関西のつり」「アングリングバス」などで執筆活動も行う。実は元々の本業はバス・トラウト・オフショアなどのルアーフィッシング。アルファタックル企画開発スタッフ。
武田 秀和 HIDEKAZU TAKEDA
渓流・湖などの内水面や磯釣り~船釣りなどオールマイティーに経験。現在ではマイボートでの釣行、特にアオリイカ狙いが多い。ルアーフィッシングも好きなジャンルで、夏にはマグロ狙いで出港する事も。葉山に係留するボートを駆使し、フィールドテスト&企画開発に没頭する。アルファタックル企画開発スタッフ。